real estate private rent

Information

特化したマンション

最近では、様々なマンションの形があり、それぞれに特化したマンションが多くなってきています。なかでもペットなどに対応したマンションもあるので、ペットと一緒に暮らしたいという方でも安心してクラスことができます。

もっと知ろう

賃貸でも工夫次第

賃貸マンションは基本的に安いせいで壁が薄いイメージがありますが、しっかりと防音効果のあるマンションもあるのでこのようなマンションを利用して自分の生活に合わせた暮らしを行ないましょう。

もっと知ろう

人気の賃貸

マンションなどは、基本的に賃貸と分譲マンションに分かれます。賃貸の場合は基本的に毎月家賃をしっかりと払うことで契約をおこなっています。しのため、住み良いマンションを探して引っ越すことも可能となっています。

もっと知ろう

自分の暮らしに合った

お気に入りの物件をリストに保存しておきましょう。賃貸を東京で探している人に最適な場所がコチラです。様々な条件の部屋があります。

様々なお客さんのニーズに応えてくれる草津市の賃貸不動産はこちら。短期間の入居の相談にもしっかりと乗ってくれますよ。

無理に部屋に住み続ける必要はない

賃貸をして部屋に住み始めた賃借人は、契約の段階で説明された快適な部屋であることを期待して住むことになります。もちろん、中には不可抗力によって期待に沿わない状況になってしまうこともありますが意図的にそのような状況になってしまうこともあるのです。それは、不動産会社側が意図的にその部屋に関する重大な説明を怠ったときです。部屋を快適に使うためには、不動産会社から必要な説明が完遂されていなくてはいけません。契約の段階では、賃貸人のほうに部屋に関して重大な説明をする義務が生じますのでこの説明がないときには大きな問題となるのです。そのため、せっかく借りた部屋だからと言って無理に住まなくても良く賃借人のほうから責任を追及しなくてはいけません。

どのような責任を相手に取らせることができるのか

実際に重要な説明を賃貸人のほうからされなかったときは、相手に対してどのような責任を取らせることができるのでしょうか。この責任の取らせ方には二つあります。一つは、慰謝料請求という形で責任を取らせることです。部屋の重要な説明がなかったせいで部屋を退去しなくてはいけないようになったときには、精神的な損害を受けたことになります。この場合には、費用を支出した分を考慮してもうまく行けば数百万円という慰謝料を請求できます。そして、もう一つが新しい住居の紹介とその引越し費用の支出です。賃貸人の責任で部屋に住めなくなったのですから、その後の部屋に関する必要を全て相手に出させることができます。賃貸では、賃借人のほうから主張を曲げなくてはいけない事案はものすごく少ないのでおかしな点があるときには粛々と主張しましょう。

初めての賃貸アパートをお探しの方はこちら|アパマンショップ